『最後の忠臣蔵』を見て

妻がぜひ見たいというので、今日、「最後の忠臣蔵」を見にいった。
話題になっているのは知っていたが、「話題」とか「流行」を本質的に嫌うぼくには、妻が誘わなければ見ることのない映画だった。
曽根崎心中がくり返しバックグラウンドを流れることで、可音(カネ)という大石内蔵助の忘れ形見と、討ち入り前夜に内藏助から「抜け出して可音を育て上げよ」と命じられた瀬尾孫左衛門との道ならぬ恋、そして心中へ、という予感を抱かせる構成。
しかし、結末はある意味、ハッピーエンド。つまり、可音の大店への嫁入り。
しかし、16年間の重い責務を果たした終えた孫左衛門は、婚礼の夜、一人そっと16年前の浪士たちのあとを追っていく。

もう一人、討ち入った四十七士の中に生きのびた者がいる。伝令役であった寺坂吉右衛門。彼もまた、内藏助から「生きのびて、残された浪士の家族たちに討ち入りの様子を知らせ、その後の生活を助けよ」と命じられた。

この二人が16年を経て、運命の出会いを果たす。

まあ、こういった内容だ。
史実性はぼくには確かめようもないが、映画というのはうまいところに目をつけるものだなと、針の穴のようなわずか価値にでも、うまく糸を通せば、一つの作品に仕上がるのだなと、妙なところに感心してしまった。

それにしても、瀬尾孫左衛門の、養女・可音への身を切るような忠節と、責務を終えたあとのいさぎよさ。
現代に生きるわれわれにはとても理解できない心情だ。
これを武士の魂というのか。

話自体の史実性は別として、このような生き方が現に過去の日本にあったことはたしかだろう。それをまっとうな生き方として受け入れる人生観があった。

江戸初期とは言わない。幕末においても、義のために腹を切る武士はいた。かけがえのない自分のいのちを、別の大義のためにいさぎよく棄てる武士。
幕末の大阪で西洋人が切腹に立ち会って、その模様をまるで実況放送のように書き記した生々しい文献すらある(ジョン・レディ・ブラックの『ヤングジャパン』)。

戦争中の「お国のために」や、ラジカルな宗教性からの自爆攻撃などは、「武士の義」とは似て非なるものと思うが、いずれにしろ、過去にはいのちはそのようなものであった。

同じこの日本で、同じこの地球で、いのちの価値がこのように多様でありうることに、今さらながら驚かされた映画であった。

(2011/1/10)

→マイブログ・トップへ  →坊っちゃんだよりへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック