柿色の秋。風に揺れるコスモス。育ちゆくミカン。

 コスモスが盛り。秋の風に揺れている。
画像

画像

 彼岸花はもうすっかり色あせ、みすぼらしい姿。
画像

 先日まで芳香を放っていた庭のキンモクセイは、もう匂わない。花びらが力なく老いてきた。
 でも、キンモクセイはたぶん、もう一度狂い咲きする。
 そういう年がよくある。
 いったん散ったふりして、がっかりさせておいて、10月末にもう一度咲く。にくいやつだ。
 今年はどうだろう。

 柿とみかんが大きな実をつけている。熟すべく最後の追い込みというところ。
 柿が熟せば、これぞ秋色。
画像

画像


 稲は、田によって刈り取りの時期がずいぶん違う。品種の違いだろう。
 早い田では八月下旬には刈り取られてしまった。早稲の中の早稲というところか。
 そういう田は、すでに切り株から生えてきた二番穂が実をつけ始めている。
画像

 九月中旬から下旬にも刈り取りの時期があった。
 しかし、大半の田は10月初旬の今もなお稲穂を垂らす。
画像

 松山は明日が秋祭り。祭りの後に稲の刈り取りシーズンがやってくる。
画像

 散歩していて心地よいのは、コンバインで刈り取った後の田んぼの何ともいえぬ甘い香り。
 稲に蓄えられていたみずみずしい生命が、その香りの源泉だろうか。

 柿色と稲の香り、秋の深まりを実感させる松山郊外のわが田園風景。

(2011.10.6)

→マイブログ・トップへ  →坊っちゃんだよりへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック