帰ってきた親ネコ

子ネコを残して親ネコが出て行ったのは数日前。子ネコが寂しそうにニャーニャー鳴くので、ついに子ネコはノラから家ネコに昇格させたのだった。

親ネコはもう戻ってこないかと思っていると、一昨日、ふと見ると庭にまっ黒な例の親ネコがいる。3日ほどぶらっと旅に出て、また戻ってきたという感じ。食べ物に困って戻ってきたというべきか。しかたないので、また庭でエサだけはやることにした。

子ネコが家にいることに気づいているのか、いないのか。人間よりもはるかに敏感な五感を持っているネコのこと、きっと気づいている。そしてたぶん、たぶんだが、「私の子を預かってもらってありがとう」と言っている。そんな気がする。

子ネコの方、最初はびっくりするほどおとなしかった。18年間飼ったネコは、来た初日から大暴れだった。馴れるにつれておだやかなネコになっていった。

20200208smalla.jpg
先代のネコ

それに比べてこの子ネコ、初めからなんとおだやかなネコだろう。そう思っていた。

だけどそれは「猫かぶり」。まさに文字通りの猫かぶりだった。日を追うにつれ、本性が出てきた。床を猛烈な勢いで走り回る。テーブルだろうが、棚の上だろうが、ゴミ箱の上だろうが、イスの上だろうが、あらゆるところにピョンピョン飛び上がる。そしてあらゆるものをひっくり返す。

まあネコに物の価値はわからないから、ひっくり返していけないものと良いものの区別などつくわけがない。猫に小判とはよく言ったもの。しつけに大わらわの毎日だ。

トイレだけは、なぜか最初からネコトイレの中にしてくれたから、これは感心。しつける必要もなかった。たぶん猫砂の中に、ネコがそこをトイレと感じる何らなの臭いがついているのだろう。

この歳になってまた子育てをするとは思ってもいなかった。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント