断想〈GO TO はコロナ感染拡大に、ほんとに影響しないのか?〉

新型コロナ感染者数は目に見えて増加している。これは特定地域にとどまらず、全国的傾向とみてよい。もちろん、密集度の高い大都会でその傾向が強いのは当然だ。

この第三波的拡大が、何を引き金に生じたのかを、精密かつ科学的に調査・研究するのは科学者の役目であり、同時に政府の責任でもあろう。

だが、その科学者が、今は猛烈なパンデミックの中、目の前の患者の処置や、医薬品の開発などに追い立てられている。厳密に原因を追及するゆとりがないのはいたしかたない。

菅内閣はそれをいいことに、「GO TO トラベルがコロナ拡大の主要因であるというエビデンスがない」という、もう何度も言い古された同じ文句を、いつまでも錦の御旗として押し立てながら、ごりごりと、あと半年以上も GO TO を継続するつもりでいるようだ。「GO TO トラベルとコロナ拡大には因果関係はない」という逆のエビデンスも、また、まったくないにもかかわらずだ。

そもそも菅内閣には、GO TO トラベルがコロナ拡大の主要な要因かどうかを科学的に調べる意欲も、そのつもりもないのだろう。

政府にすり寄る傾向のある分科会からさえ、「ここまでコロナが拡大している現状を鑑みれば、それを抑えるために、GO TO は一度立ち止まるべきできないか」との提言がなされても、政府方針に合致しないそのような提言は「見ざる、言わざる、聞かざる」で無視してしまい、相変わらず「エビデンスがない」という御旗を振りかざすのみだ。

東大の研究者が、「GO TO トラベルで旅行した人の方が、そうでない人に比べてコロナにかかる率が2倍高かった」という研究結果を発表しても、「それは単なる民間の一研究にすぎず、政府が政策に反映させるに足る研究ではない」と、相手にもしない。

その研究をさらに精査して、関係性を追求すれば、何らかのエビデンスが得られるはずだが、「エビデンスはない」というのが政府の大方針だから、それをやる気は政府にはさらさらない。

かと思うと、「何千万というGO TO トラベル利用者の中で、新型コロナにかかった人は200人ほどしかいない」という、誰がいつ調べたともしれないうさんくさい研究(?)結果に対しては、それこそ強力な絶対的エビデンスだとでも言わんばかりに、何度も何度も前面に押し立て、GO TO 継続の根拠とする。(もしもこの数値が正しいのなら、日常生活で必死に気をつけながらStay Homeに近い生活しているよりも、GO TO でどんどん旅行した方が、コロナにかかる率は何百倍も低いことになる)

要するに、政府方針というものが先にあって、それに合致し、それを後押しするデータであれば、その科学的根拠などいっさいお構いなしに、喜々としてそれを取り上げ、エビデンスだと言い張るのである。反対に、政府方針に疑義を差しはさむようなデータや研究結果は、黙って無視するか、民間の一研究にすぎないとして、相手にもしない。

はっきり言えば、コロナ対策という最高度の科学性が要求される場において、科学よりも政府が上だと、大言壮語してはばからない。それが菅政権の特性なのである。

これはもうまるで中世のキリスト教絶対主義の世界ではないか。地球を中心として宇宙が回るという絶対的教義の前には、精緻な観測と計算の元に提起された地動説は、「悪魔の説」以外の何ものでもなかったのである。

そのころの絶対的法王の役を、菅首相は演じようとしているらしい。科学も科学者も一緒くたに軽視する菅首相らしい態度である。科学を知らない(学んでいない)ことを、これくらい臆面もなくあからさまに示す首相は珍しい。

日本はこのまま菅と共に沈没するか、それとも科学が勝利するか。今、せめぎ合いの瀬戸際にある。

疑う余地のない最低限の合意事項は、人と人が接触する機会が増えれば、感染する率が高まる。これである。

GO TO によって、日本という集団を掻き回すことは、容器に入った気体を熱するのと同じ。分子が激しく動き回ることによって分子同士の衝突機会は増えるのである。これは、一個一個の分子に、ぶつからないように気をつけろよという問題ではないのである。どこからどこまで確率の問題である。確率を増やしておいて、個人の注意に責任を押しつけることはできないのである。

個々の分子レベルで衝突の経緯や原因を解明しないことにはエビデンスと言えないというのであれば、それは不可能を可能にせよというに等しく、学問としては、詭弁であり、エセ科学である。気体分子論をGO TO に適用すれば、GO TO が感染拡大の主要因であることは、一目瞭然だろう

菅首相はいい加減、絶対的法王の仮面を脱ぎ捨て、科学の前にひざまずくべきである。そして謙虚に科学を学ぶべきである。

(2020.12.10)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント