水星見たいな。梅も、源氏も。

 ぼくはいまだかつて水星をこの目で見たことがない。
 昔から星は好きだし、毎夜、空を見上げることを楽しみにしているぼくだが、65年の人生において、水星を見る機会はなかった。
 死ぬまでに(そんなに近い先とはまったく想定していないが)一度は水星を見てみたい。それがぼくのひそかな願いである。
 ときおり、肉眼で水星が見られそうな時期がやってくる。去年の3月にその機会があった。しかし、一見晴れているようでも西空の地平近くはどうしても薄雲で濁り、凝視し続けたのだが、結局見ることができなかった。
 今年もまた、今がその時期だ。2月17日が東方最大離角。
 最大離角とはいえ、水星は金星のように西空高くまで太陽から離れることはなく、日没後30分ほどして空が薄暗くなった時点で、仰角は10度。
 なかなか肉眼観察者にその姿を見せてはくれないのである。
 とはいえ、今回は是非とも見てみたい。絶好の観察場所を見つけたのだから。仰角10度を十分見晴らせる場所。西に障害物がなく、地平まで真っ平らに見える場所だ。
 雲さえなければ見えるのだが、さてどうだろう。

 「源氏物語」、おもしろいですね。ぼくには原文で「源氏」を読み通す力はないし、その気もない。かつて、 円地文子訳の「源氏物語」を、全文ではなく、ダイジェストで読んだことがある。それが、曲がりなりにも「源氏」を通して読んだ唯一の経験なのだが、あまりおもしろくなかった。
 今、与謝野晶子の「源氏物語」を読んでいる。まだようやく3分の1あたりまで来たところで、これでは何を言う資格もないのではあるが、とにかくおもしろい。ダイジェスト版ではまったく伝わらなかった面白さがある。
 源氏物語のすごさを知った。紫式部の非凡さ、構成力の卓抜さ、心理描写の精妙さに接して、読みつつ全身がしびれてくる。式部の同時代の女房たちが耽読したこと、千年を超えて読み継がれてきたこと、その理由が今にしてようやくわかってきた。
 何のことはない、好色物語ではあるのだが、そうした次元をはるかに凌駕している。

 梅が一気に花開いた。昨日まで数日暖かかった。そのせいだろうか。家の近くのがんセンターの構内に咲く梅も、民家の梅も、どれもこれも一斉に開いた。気づいたのは昨日。それまではまだ固い蕾だと思っていたのに、あっという間に五分咲きくらいになってしまった。
 自然界の季節察知能力には、人知をはるかに超えたすごさがある。

(2013.2.15)

→マイブログ・トップへ  →坊っちゃんだよりへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック