安倍首相辞任

今これを書いている時点では、まだテレビに速報が出ただけだが、夕方の会見でおそらく正式発表されるのであろう。

やはりそうであったか、これが私の正直な感想だ。3日前のブログで、潰瘍性大腸炎の不思議な特性について書いたけれども、やはりそこで述べた予想は外れてはいなかったようだ。

首相は、特に新型コロナ以来、ストレスの塊のようになっていて(アベノマスクに代表されるように、やることなすこと失敗の連続で、揶揄の的にさえなっていた)、これで潰瘍性大腸炎がムクムク起き上がってこないはずがないのだった。

しかも、すでにかなり重症のレベルにまで悪化しているように思える。同病相憐れむ私にはすべてが手に取るようにわかるのだ。

治す手段はただ一つ。ストレスから解き放たれること。これしかない。もちろん症状を抑える薬や処置はさまざまあり、それで当座は治まるだろうが、一度悪化に向けてベクトルを転じてしまうと、この病気はそう易々と引き下がってくれたりはしない。じくじくといつまでも取り憑いてくる。何度も何度も、悪化と一時的治癒のはざまを行き来することになる。

悪化しているときの不快感、つらさ、腹の底の鈍痛などは、経験した者でないとわからない。とてもじゃないが、いつも通りに仕事ができたりするものではない。

私は体験していないが、薬で症状が治まらないほど重症になれば、最後は手術しかない。潰瘍部分の大腸を切り取るわけだ。切りとる部位によっては人工肛門を取りつけねばならないこともあるという。潰瘍部分が大きかったり、あちこちに散っていれは、手術もむずかしいだろう。

それと、いつも主治医に言われるのは、潰瘍性大腸炎は、それ自体で命取りになることは少ないが、ひどくなると大腸ガンを誘発する可能性があるということだ。実はそれが一番こわいことなのである。

とにかく潰瘍性大腸炎というのは、根治の手段のないやっかいな病気なのだ。

私は、ここ数年、まったく悪化を経験していない。完全に治ったかと錯覚するほどになっている。理由は明白。退職したことで無限大の自由を獲得し、その自由を元手に、書きたいことを書き、読みたいものを読み、描きたい絵を描き、ストレスというものからきれいさっぱりおさらばしたからだ。

20200825small.jpg
(つい数日前に描いた花瓶とカボチャの絵。こういうことが病気の悪化を防いでくれる。)

安倍首相は、第1次安倍内閣時代に潰瘍性大腸炎の突然の悪化によって、みじめな沈没を経験した後、数年して立ち直り、第2次安倍内閣ではまさしくルンルン気分の1強時代を築き上げた。そのルンルン気分が潰瘍性大腸炎を押さえこみ、もう今後一生この病気から解き放たれたと錯覚するほどになっていたのではないかと思う。皆がひれ伏す、日本帝国の皇帝になった気分でさえあったのではないか(ちょっと大げさだが)。

とにかく何をやっても許される。自分が「白」と言えば白であり、「黒」と言えば黒であり、「ない」と言えば、ないことになる。「ない」と言ったけれどもある場合には、あることを示す証拠は、特段指図をするまでもなく、まわりがそそくさと消し去ってくれる。まさしく皇帝だ。

そんなルンルン時代はコロナで根底から崩壊した。コロナだけは、いくら「ない」と言っても、なくはならない。皇帝の言葉もコロナには通用しなかった。ストレスは増すばかり。

人の意見を聞く皇帝なら、ストレスも大して肥大しなかっただろうが、なにせ安倍皇帝は自分の主張を繰り返すばかりで、人の意見に耳を傾けて人と正面から話し合うことをしない人だった(論証力のある人と渡り合う自信がなかったのでは、と言う人さえいる)。だから周囲を取りまいているのは、皇帝の言葉を「ははー」とひれ伏して聞く人ばかり。「それはちょっと……」という人は一人もいなかった。それがコロナによってつき崩されたのだった。裸の王様が本当に裸になってしまった。

この激しいストレスのせいで、ついに、陰にひそんでいた潰瘍性大腸炎が頭をもたげてきたわけだ。だが、辞任して悠々自適の生活を楽しめば、潰瘍性大腸炎は、数年のうちには再びこそっと葉陰に隠れてくれることだろう。そう、数年のうちにはね。

今回は前回(第1次安倍内閣時代)よりもはるかに重症のようだから、当分は苦痛を耐え忍ぶ生活を送らねばならないだろうが、悠々自適の自由な生活が、きっとその苦痛から救い出してくれるはずだ。薬や何かよりも、基本的には「自由を楽しむ」、これしかないのだと思う。

別に安倍さんにエールを送るつもりはまったくないが、同じ病気で長年苦しんできた私から安倍さんへのご注進、それが「駆け引きや策略の世界から身を引いて、大いに自分自身の自由を楽しみなさい」である。それしかないのだから。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント