秋深し

秋が深まり、冬が着々と近づいている。毎日の散歩でそれがありありとわかる。田舎の野道を歩くから、なおそれがはっきりわかる。

20201129_1710small.jpg
今日は満月か。まん丸な月を見てそう思ったが、どうやらまだ十四夜。明日が満月だ。

まん丸な月を見ていると、なんだかそら恐ろしくなる。そこにぽっかり浮かんでいる月の、あまりの実在感! 絵画的風景として空に貼りついているのではない。まさに地球の衛星として、たしかな空間に浮かんでいるのだ。地球からなにがしかの距離に、たしかに浮かんで実在しているのだ。

20201129_1705small.jpg
そのたしかな事実を如実に思い浮かべながら散歩する。私と向き合って、なにがしかの距離にたしかにある月。数十億年をありつづけ、これからもまた数十億年をあり続けるであろう、そのたしかな実在。見つめているとなんだか少しこわくなる。

20201129_1703_01small.jpg
私の命のなんとちっぽけなことか。取るに足らないこの命。だけど私にとっては何より貴く、あらゆる存在の絶対確実性の根源であるこの命。

月の実在性は、それを認識する私という存在なしにはありえない。不思議なことだ。

20201129_1652small.jpg
何もかもが不可思議、不可思議。秋から冬へのこの過渡期の夕暮れ時には、存在の根源がちらっとかすかに垣間見えるから、それもまた不思議なことだ。

72歳というこの歳にして見えてくるものが、やはりあるのだ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント